×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

8620形58654号機(SLあそBOY)風


写真はクリックで大きいものが見られます(大きくしたら、ブラウザの「戻る」で戻ってください)

2作目も、C11に続いて「切りぬく本」から製作しました。素材は製図用のケント紙です。
それをJR九州の「あそBOY」(製作当時は運転終了直前だった)の58654号機風にアレンジしました。
「切りぬく本」に収録されている8620は初期のタイプで、後年登場したものとは細部の形状がかなり異なっています。
しかし、当時の私には、そこまで設計を変更する技量が無かったため、門鉄デフを付け、連結器を自動連結器に変更しただけにとどまりました。
よって、得体の知れないものになってしまいました。
車体の装飾は、実際の58654号機の、最も装飾が少なかった頃の姿をもとにしています。


旧帝鉄8620形8620号

この作品は、成年向けゲームを題材としています。ご注意ください。

写真はクリックで大きいものが見られます(大きくしたら、ブラウザの「戻る」で戻ってください)
1914年製。帝鉄解体直前に、ゲームの舞台となる御一夜鉄道(モデルはくま川鉄道)にやってきました。 細部は、公式サイトのCGのほか、58654号機(実機)を参考にしました。 後部は完全な推測で作っています。
石炭は、型紙の余った部分を刻んで貼っています。
ランボードは、組みあがった時点で形状が違うことが分かり、白塗り部分でごまかしています。 キービジュアルのCGと同じアングルで撮影。
ヘッドマークはそれに合わせて、表面を球面状にしてあります。
デジタルノベルブランド Lose
*18歳未満の方はクリックをご遠慮くださいm(_ _)m



デジタルノベルブランドLose製作の成年向けゲーム「まいてつ」に登場する、旧日ノ本帝有鉄道(帝鉄)8620形8620号です。(実際の8620形8620号とは異なる)

Twitterにて、自作の「まいてつ」グッズを紹介する「#まいてつ工機部」というハッシュタグができていたので、この機に、制作予定のあった8620の制作を思いつき、そこで制作の様子を発表させていただきました。


制作過程のツイートへのリンク