×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

C63形(完全オリジナル仕様)


写真はクリックで大きいものが見られます(大きくしたら、ブラウザの「戻る」で戻ってください)

自作型紙第2弾となった車両です。
「実車が製造されていないため、矛盾があっても問題にならないだろう」という甘えた考えからC63になりました。

塗装は車体が青、動輪が赤という、日本の蒸気機関車らしからぬ塗装です。
これには元ネタがあり、2004年ごろに「開運!なんでも鑑定団」に登場した、中村精密製のHOのC63がこのような塗装に塗られていたからで、これは、その塗装をアレンジしたものです。
青は、手元にあった水性ホビーカラーの「ブルーグレー」を塗っていますが、鑑定団で見たC63は青20号か青15号のような色合いだったような記憶があります。
デフのJNRマーク、金色の蒸気作用管、赤のナンバープレートは、完全に私が考えたオリジナル要素です。
15号機としたのは、検索して出てきた側面図が15号機として描かれていたからです。