×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「おだめい線」爆誕

管理人が幼いころ、お絵描き帳に、JR線と私鉄線が並走している場所(架空の場所)の絵を描きました。
そして、その場所で、JR線と私鉄線をポイントでつなげました。

その私鉄は、小田急の車両が走る路線のつもりでた。
しかし、そのとき、JRに乗り入れる私鉄の特急は名鉄の「北アルプス」だけだと思っていたので(小田急の「あさぎり」は知っていたが、JRに乗り入れることは知らなかったか失念していた)、無理矢理名鉄の車両も走っていることにしました。

こうして、「おだめい線」が爆誕しました。

このシーンの名鉄6500系は、Virtual GaugerのCalcite様制作のものを使用させていただきました。