×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

南海電気鉄道


南海本線
7000系
8000系
9000系
10000系(サザン)

画像は、おぱく堂氏による50000系と向きを合わせているため、全て山側(左が和歌山市側、右が難波側)となっています。

貫通幌について

複数の編成の連結運転の再現に対応するため、貫通幌を連結状態にした画像を用意しております。
幌なしとなっているものは、その編成単独で走行させる場合に使用します。
幌左となっているものは、左側に別の編成を連結している場合に使用します。
幌右となっているものは、右側に別の編成を連結している場合に使用します。
両幌となっているものは、両側に別の編成を連結している場合に使用します。(2両編成のみ)


7000系

4両編成

幌なし
幌左
幌右

2両編成

幌なし
幌左
幌右
両幌

旧塗装リバイバル

創業120周年記念キャンペーンの一環として、2005年から2006年7月まで7037Fと7027Fが旧塗装となりました。
2015年6月には、7000系の引退を前に、7037Fが再び旧塗装となりました。

7037F

幌なし
幌左
幌右

7027F

幌なし
幌右

8000系

幌なし
幌左
幌右

9000系

4両編成

幌なし
幌左
幌右


6両編成


10000系(サザン)

←和歌山市         難波→
クハ10901(幌なし) モハ10101 サハ10801(中間化改造車) モハ10001(幌なし)
クハ10901(幌付き) モハ10101 サハ10801(新製車) モハ10001(幌付き)

編成について

10000系は、中間車がクハ10901とモハ10001を改造したものを組み込んだ編成と、新製した車両を組み込んだ編成の2種類があります。

現在(2009年10月4日以降)のサザンは全て自由席車両を連結するため、10000系の場合は必ず難波側に7000系または7100系の4両編成が連結されます。
この場合、クハ10901は「幌なし」を、モハ10001は「幌付き」を使用します。
また、クハ10901の「幌付き」、モハ10001の「幌なし」の画像は、かつて運行されていた、10000系同士の全車座席指定での運転を再現する場合のみに使用します。


なつかしの緑色(10004F)

幌右

2015年、創業130年記念と、7000系引退に合わせて、10004編成が旧塗装の緑色に復元されました。
尚、サザンは現在全列車が自由席車連結となっているため、右幌(難波寄りの先頭車が幌付き)の画像のみ作成しております。
是非、上記の7000系7037F(旧塗装)と合わせて御利用ください。